千葉で増加している葬儀、家族葬についての基礎知識とその理由

家族葬というのは、遺族とごく親しい友人など少人数で執り行います。

・家族葬の基礎知識

家族葬というのは、その名の通り家族(遺族)だけが参列する葬儀の事です。

遺族以外にも、生前故人と親しくしていた人が参列する事もあります。

本当に親しい人だけで送るので、参列者も少なく、ひっそりと行う葬儀です。

千葉でもここ数年家族葬を選ぶ人は増えていて、生前から家族葬を希望する人もいれば、遺言に残す人もいます。

葬儀の規模はごく小規模になるため、自宅でも執り行えますし、千葉の葬儀場では家族葬に対応しているところも増えています。

・家族葬が増えている理由

なぜ千葉でも家族葬が増えているのか?

これは少子高齢化や核家族化が進んでいる事も関係しています。

高齢者の場合ほとんど家族以外との交流がなく、葬儀に参列する人もいないというケースが増えています。

親族は居ても遠くに住んでいて、高齢者の場合は参列するのが難しいことも多く、家族葬の方が良いという場合も少なくありません。

・まとめ

家族葬は少しさみしい印象ですが、実際には家族や本当に親しい人だけで、ゆっくりお別れができるので、あえて家族葬を選ぶ人も増えています。

最近は様々な理由で、葬儀スタイルも多様化しています。

◆千葉の葬儀では、家族葬の他にも直葬や自由葬などの方法も⇒http://www.gamewarping.com/

以前に比べて選択肢が増えている分、遺族の負担は、経済的にも精神的にも軽減されているという事実もあります。

大きな葬儀場でも、家族葬に対応できるところはありますので、事前に相談や見学しておくのもいいかもしれません。