今、葬儀は家族葬だけではない。千葉で直葬が増えているって本当?

千葉で葬儀をする場合、一部の地域では古くから伝わる風習に従って葬儀を行うところもありますが、高齢化社会に伴い、直葬を選ぶケースも増えています。

・直葬とは?

直葬というのは、通夜も告別式も行わず、火葬場に僧侶を呼び、読経をした後にそのまま火葬するという葬儀の仕方です。

なんとなく寂しすぎるイメージですが、高齢化社会に伴い、ほとんど交流がない人、遺族もいない人が増えており、葬儀をする人がいないというケースは増えています。

実際に千葉でも身寄りがいないため、直葬をするという事は少なくありません。

最近は千葉の葬儀屋でも、直葬に対応できるところが増えています。

・直葬でも大丈夫なの?

直葬は、通夜も告別式も行わない葬儀です。

遺体安置所から火葬場に直行し、その後火葬をしますので、これでいいのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし葬儀をしても参列者が誰もいなければ、もっとさみしい葬儀になってしまいます。

直葬でも、火葬場に僧侶を呼び、読経を上げてもらえますので、きちんと弔う事ができます。

シンプルで地味な葬儀ですが、故人を弔う事はできるので、雑に扱うわけではありません。

・まとめ

中には経済的な理由で、葬儀費用を捻出できず、やむを得ず直葬を選ぶ事もあります。

通夜や告別式をしない分、費用は大幅に軽減されますので、経済的な理由の場合は仕方ない部分もあります。

千葉の葬儀屋でもプランに直葬を取り入れているとことが増えているので、相談してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.